がん保険

sponsord link

がん保険が人気の理由

がん保険はなぜ人気があるのでしょうか。
がん保険はその名の通り、がんに罹った場合に
支払われる保険です。

 

入院、手術、通院、一時金、在宅ケア
所得補償など保険会社よって内容は
さまざまですが、がんに罹ったときに
手厚い補償をしてくれるのが、がん保険です。

 

日本人の3人に1人ががんに罹るといわれていましたが
最近ではがんの2015年問題の到来も近づいていることもあり
がん保険の加入を検討する人が多くなってきているのが現状です。

 

がんは私たちにとって恐ろしい病気です。
がんに罹ると、転移や再発、もちろん治療費のことも考えなくてはいけません。
がんの治療にかかるお金は莫大ですし、また治療する間の収入は
途絶えてしまう可能性も高いですよね。

がんの治療に専念するためには備えが必要になってきます。
そんなときお金の不安を軽減してくれるのががん保険といえるでしょう。

自分に合ったがん保険を見つけて万が一のときに備えておくのが一番ですね。

がん保険のメリット

「がん」に罹ると、入院・手術だけでなく、退院後にも
抗がん剤治療や放射線治療など
高額な治療費がかかります。また、がんの進行によっては
健康保険の適応外である高度先進医療や民間医療などの
自由診療を受けるケースも多いのががん治療の特徴です。

 

このような場合にメリットを発揮するのががん保険です。
がん保険は、「がん」と診断された時点や入院した時点で
一時金としてまとまった保険金を受け取ることができます。
(※加入している保険会社や加入した年月日によって
 違いがあります)

 

 

まとまったお金を受け取ることによって、当面の治療費はもちろんのこと
働けなくなって収入が減ってしまった部分をカバーすることも可能になってきます。
この一時金のおかげでがんの治療に専念できた、という声も多く聞かれます。

 

またがんは、長期の入院や入退院を繰り返すケースが多い病気です。
この点においてもがん保険では、長期の入院、入退院の繰り返しなどの補償にも対応しており

 

支払い限度日数を定められていないので長期的に給付金を受け取れます。
がん保険では、手術などの一時的な費用と入院費用などの継続的な費用もカバーできます。

 

このように、一般的な医療保険ではカバーできない補償もカバーできるのが
がん保険のメリットで、がん保険に加入していることにより経済的な不安がなく
安心してがん治療を受けることができます。

 

最近では入院日数が短くなり、通院治療に長くかかるため通院給付金を
手厚くしている保険会社も多いようです。
がん保険は長期間にわたって私たちを経済的に助けてくれる商品といえるでしょう。

sponsord link

がん保険のメリットとデメリット がん保険の必要性 がん保険の基礎知識 がん保険の選び方 がん保険の種類 女性のためのがん保険